2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:ガス or 電気 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ガスor電気? アンケート (4)

 【21//2008】

前回の電動工具アンケートに続き、またアンケートを企画しました。

今回は、家を新築またはリフォームされる時に、使用するエネルギーは
ガスと電気のどちらを選ぶかを教えて下さい。
新築やリフォームの予定のない方でも、仮にしたと仮定して考えて下さい。
( ガス屋の自分に遠慮なく、本音で投票して下さいね(^^)v )
投票は何回でも、可としています。




また、この当記事のコメント欄に、ガスに対してどのような印象をお持ちか
率直な御意見を書いて頂けないでしょうか。(任意です^^)
ガスの良し悪しや、器具の事、又はガス会社に対する事などどんな事柄でも結構です、
参考にさせて頂きたいと思います。
書き込みは、こちらの本館及び別館のどちらででもOKです。
なを、書き込みに際してはHNは無し(空欄)でもかまいません。
楽天ブログの方でHNを表示させたくない場合は、別館(FC2)で書き込んで下さい。
( アンケートにつき、今回のコメントには返事を控えさせて頂きます。)





アンケートフォームは前回と同じく別館TOPページの左フレーム下及び
別館の同じ記事の中に設置しています。

アンケートはこちらから入って下さい!

御協力、お願いしますm(__)m



参考HP      
東京ガス       
東京電力









何故こんなアンケートを取ろうと思ったかと言うと、ガスは電化に押されてジリジリと
シェアを落として来ていましたが、今年に入り急激にその落ち込みが激しくなっています。
ガス会社としては対抗策を打ってはいますが、中々効果が現れません。
どうも、お客様にとっては、ガスは危なく古いエネルギーであるとの意識が
あるのかもと思っています。

今年は、自分自身も親会社の合併が控えていて、変革の時期を向かえています。
今後のガスのあり方について、末端の職人ではありますが考えていかねばと思っています。
皆さんの御意見を参考にさせて下さい。宜しくお願いします。






にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

banner_04.gif





スポンサーサイト

Category: ガス or 電気

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

10万Hit & ガスの巻き返し (10)

 【10//2008】

今、アクセスカウンターを見たらいつの間にか10万を越えていましたӤä
どうやら昨日のうちに越えていたようですが、最近あまりカウンターを気にしてなかったので
気付くのが遅れてしまいました。
でも大台に乗るのは、やはり嬉しいですねޥ
訪問してくださる皆様、ありがとうございますm(__)m





初心に帰る訳ではないですが、今日は現場で感じる最近の
「ガスvs電気」の事を少し書いてみます。


丁度このブログを始めた1年半前頃は、”Switch! オール電化”
の波をもろに受けて、新築受注件数が激減していました。
(仕事があまりに暇だったので、ブログで遊び始めたのですけどね。)

大手ハウスメーカーも、オール電化を前面に押し出しの販売も非常に多かったです。
現実にガスと電化とを迷っているお客様の半数以上が、電化を選んでしまっていました。



ただ最近、またガスの需要が回復してきているように感じます。
実際に、自分自身の年間新築受注件数も少しずつではありますが、増加してきています。

これは、様々な要因があると思いますが、その1つにガス器具の進歩が上げられます。





まずは給湯器。
従来の給湯器と変わらぬ大きさで、95%の給湯熱効率を実現した
潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)の普及。
この機種は排気熱を2次利用する事により、大幅な省エネを実現しています。
同じ給湯能力なら、従来器使用時より号数の低いガスメーターで使用可能です。
(電気ブレーカーのアンペアの大きさの違いのようなものです。)
また、エコキュートなどと違い、大きな設置スペースを必要としません。
特に床暖房(TES)使用可能な機種は、暖房のランニングコストの低さもあって、
標準設置機器としているハウスメーカーも多いです。





そして、マイホーム発電のCMで目にする事が多くなったエコウィルの登場。
オール電化の核となるエコキュートに対抗(?)して出してきた
都市ガスで発電し、そのとき出る熱でお湯もつくり、暖房もできる
ガスコージェネレーションシステムです。
実は、エコキュートのシェアが急激に伸びてしまった為に前倒しして製品化した
と言う経緯もあるのですが、非常にエネルギー効率が高いので評判が良いのか、
積極的に販売設置を始めている、大手ハウスメーカーも数社出てきています。

また現在は、ガスエンジンを動かし発電するエコウィルが主流ですが、
将来的には(現在も製品化されていますが)燃料電池を利用し、
都市ガスから取り出した水素を酸素と化学反応させることで発電する
よりクリーンなライフエルが主力となっていく事でしょう。






あとは、IHヒーターからガスコンロへの戻りが出てき始めている事。
IHクッキングヒーターは熱効率の良い機器ではあるのですが、
やはり、ガスコンロとは違う考え方で調理をする必要があるようで、
馴染めない方が、ガスへ戻す工事を頼んでくるケースが出てきました。
(オール電化住宅では、簡単にガス化出来ませんが・・・)
また、製品として発展途上のIHヒーターは、上位機種と下位機種との性能の差が大きく、
最近良く耳にするオールメタル対応のIHも1部の上位機種にしか搭載されていないのが
現状のようです。(オールメタルでも、鍋の形状は選びます。)

そしてガスコンロも、ガラストップの採用や、(個人的にはあまり好きではないが)
鍋がないと点火しない「鍋無し検知機能」などの、多くの安全機能の新採用で、
IHに負けない美観と安全性を備えてきています。
でも、トップのフラットな美観は敵いませんけど・・・・・(^_^;)





このようなガス機器の進歩により少しずつではありますが、失ったシェアが回復するように
ガス業界も、頑張っています!


これからは、個々のライフスタイルによって使用するエネルギーを選択する時代です。
ガスも電化も、良し悪しは表裏一体です。
人によっては「○」であっても、他の人は「×」感じる事もあります。
流行りに惑わされず、今一度ガスの利点も見ていてだけると嬉しいです。










東京ガスの、「ガスvs電気」の比較ページです。
なっ得!比較!ガスvs電気
ガスの良い点しか出ていませんが、参考までに覗いてみて下さい


Category: ガス or 電気

Comments (10) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ガス屋から見たIHヒーター (1)

 【30//2006】

ここ数年IHクッキングヒーターの普及が大変伸びている。

最近は、自分達ガス屋に来るオール電化では無い新築物件でも、4割近くが
ガスコンロでは無くIHヒーターである。(すごく困っています)

IHヒーターは、クリーンで清潔・高効率・安全と言うが本当にそうなのだろうか。
ガス屋の偏見有りで見てみようää



・IHヒーターはクリーンで清潔

IHは掃除がし易い・・・これは間違いなくガスコンロの負け。ガスもガラストップの天板を使用しだして頑張っているが、ガスバーナーと五徳がある限り、一枚天板のIHとは勝負にならない㤭Ф
お客さんに聞くと、これがIHを選ぶ一番のポイント。

IHヒーターは油汚れが無い・・・火の熱による上昇気流が無いためコンロ周りや換気扇に油汚れが付きにくいと言うが、熱気流が少ない分換気扇の喚起効率はガスに比べてかなり低い。そのため空気中に油が漂い壁や床に付着しやすくなる。
ガスは換気扇周りに油が集中するが、IHは台所全体に少しずつ油が付いていく。



・IHは高効率

IHは電磁誘導による直接加熱のため、ガスコンロのように裸火による熱損失が少ない・・・
IHは鍋の底しか温められないため、熱効率は使用する鍋の熱伝導率によりかなりの違いがある。
ガスの場合は火がなべ底に沿って這うため、鍋の側面も直接加熱することが出来る。
オールメタル対応と謳っていても、IH対応の鍋で無いと実は高効率では無い。

あと、左右のバーナー(?)と同時に、奥にあるとろ火バーナーもしくは、魚焼きグリルを使用すると、自動的に他のバーナーの電力を下げてしまう。これを理解していないと、火が見えないため、視覚による火力が分からず料理が上手く出来ないことがある。

それと、水分を飛ばしながら作るチャーハンのような料理は、五徳の有るガスの方が鍋を振れる分
得意である。 とろみを付けるあんかけ料理などは、焦げない分IHの方が良いと言う話も聞くけど・・・


・IHは火が無いから安全

実はこれが一番言いたい事である・・・ガス屋としては、熱源の見え無いのは逆に危ない事も多い気がする。IHが普及するにつれて事故がかなり多くなっているのに、IHは安全ですと言っているのを見ると、首を傾げたくなる。

まずは、使用する鍋を間違えると危険である・・・鍋の底が少しでもへこんでいる物を使用すると鍋の外周だけがドーナツ状に異常加熱してしまう。
IHの出火例
オールメタル対応を謳っていてもIH対応鍋で無いと安心して使用出来ないのではないかな。

電磁波の発生・・・これの人体への影響は良く分からないな。ただ、メーカーは影響の無い範囲と言っていながら、ペースメーカーを使用している方への注意をしているからどうなんだろう?

あと、現場でよく聞く話は、コンロ下のキャビネット内で差し込んでいる200Vのコンセント部分が、荷物にぶつかって緩みショートして小火になってしまう事である。

いずれにしても、IHの特性を良く理解して利用しないと危険である。



今回は、余りにもガスコンロがIHヒーターに負けているのがちょっと悔しくて、
IHのネガティブな所を強調した書き方になってしまいました。
使用状況や考え方よって、悪い所も利点になります。

例として東京ガスと、東京電力のIHへの考え方の違いをリンクして置きます。

東京ガス

東京電力


いずれ、ガスコンロの今抱えている問題も書いてみたいと思います。


























Category: ガス or 電気

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Switch ! vs ガス・パ・チョ!

 【11//2006】

東京電力がオール電化住宅推進のテレビCMで、鈴木京香を起用した

        Switch !

と、言うロゴを使用しストーリー仕立てでオール電化の良さをアピールするCMを流している。

このCMが始まってから、オール電化への問い合わせが多くなっていると聞く。
実際、ガス工事会社である我が社にも、オール電化と比較してくるお客さんが
多くなり、仕事量自体も激減してしまった。

このCMか優れているのは、やや説明くさい所もあるが、消費者のオール電化に
抱いている不安な点を題材にして、その不安点を解消し、
ランニングコストの安さのアピールに成功した事だとおもう。

それと、 Switch=オール電化 と言う同義語化にも成功している。


それに対して、我が東京ガスは、 「マサニガスダネ」 から、妻夫木聡を起用した

       ガス・パ・チョ!

と言う、CMを流し始めた。

ガス・パ・チョ!とは、ガスで、パッと明るく、チョっといい未来、と言う意味らしい。

これでは、何を言っているか分かりずらいと思うよ。もう少し簡素なロゴがなっかたのだろうか?

東京ガスは、CMの評判が良いとご機嫌のようだが、それは妻夫木聡とコミカルなストーリーが評判なだけで、ガスの良さをアピールすることに成功していない。
実際に、お客様に聞いてみてもガスの何を宣伝しているのかは、分かっていない方がかなり多いように感じる。

CM自体もまるで15年くらい前のフジテレビの宣伝のようで、センスの無さを感じて情けなく思う。


CM対決は、東京電力の完勝だなܤ










  






Category: ガス or 電気

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。